【ロックダウン】タイ・バンコクのコロナ禍-1【2020.9月時点の最新情報】

タイ・バンコクのコロナ

【都市封鎖】タイ・バンコクの新型コロナウィルスの状況【緊急事態宣言】

タイ・バンコクでもコロナの影響は深刻です

数か月前の過去から現在のタイ・バンコクのコロナ禍の状況についてお話したいと思います

皆さんがご存知の通り、世界的なコロナウィルス・パンデミックの影響で、ここバンコクも以前の生活とは大きく様変わりしました

タイ・バンコクの【コロナ禍】-2はこちら

タイ・バンコクの【コロナ禍】-3はこちら


スポンサーリンク

タイ・バンコクの緊急事態宣言

私は2020年、今年の2月19日(水)に日本に一時帰国し2月28日(金)にタイに戻って来たのですが、ここまではギリギリ良かったのです

まだタイ国内も通常の日常生活が保てていました

私がタイに帰国して暫くするとタイ政府から【緊急常事態宣言】が出され、タイへの海外からの入国禁止県間移動の禁止(タイは日本の様に地域は【県】という区切りで分かれています)、タイ全土で夜間(22時~朝4時)の外出禁止デパート、娯楽・公共施設などの閉鎖旅客機のタイへの乗り入れ禁止が発表されました

タイミングが悪く、私の会社の日本本社から日本人が4人程出張でタイに来ていて、タイ滞在中に【緊急常事態宣言】が出される、という最悪の事態になってしまいました

可哀そうに、楽しみにしていたタイでの滞在もすっかり色褪せたものになり、観光はおろか美味しい食事も満足に楽しむ事も出来ずに日本に帰っていきました

ちなみに【緊急常事態宣言】は今日、9月23日(水)現在も解除されていません

タイ国内で広がる反政府デモを抑え込むのに、政府や当局が【緊急常事態宣言】を利用している等の報道もありますが、実際のところはどうなんでしょうか

個人的には報道やSNSを見ていますと、この【緊急常事態宣言】を継続して、それを利用し、得をしている人間がいるのは確かな事だろうな、とは感じています

スポンサーリンク

バンコクでのロックダウン生活

【緊急常事態宣言】と共に【ロックダウン】も開始され、ここから数ヶ月間は私がタイに来てから今までとは全く違う生活が待っていました

まず、食事しようにも今まで行っていたお店は閉まっているし、スーパーや屋台で持ち帰り用の食事も当初はまだ用意されていなかったんです

後々、テイクアウトや【Grab】でのデリバリーが大流行しますが、かなり後の話です

必然的に全ての食事はコンビニになり、毎日暗い気持ちで車の中や家で食事をしていました

今となっては、その時の経験があったおかげでコンビニの美味しい食料品に詳しくなる事が出来たので、全てがマイナスという事ではなかったですが、当時は本当に悲しかったです

そして、日本も同様だったと思いますが、スーパーやコンビニ、その他どこの建物に入るにも検温・マスクは必須となりました

これは今でもタイで実施されていますが、日本はどうでしょう?

当時は厳しかったですか?実際今もまだやっていますか?

でも、マスクもまだ当時は全然どこにも売ってないんです、日本も同様でしたよね

本当に困りました

だけどマスクがないと絶対にお店には入れないんですよ・・・結果、どうするかと言いますと施設の守衛が売りつけてくる超高くて汚いボッタクリ布マスクなんかを買わされていました

日本の状況は報道等でしか私は知りませんが、タイとどっちがマシでしたか?

タイは軍事政権なので、決定権・強制力が日本とは全く違います

やると言ったら、明日からやると、決定から実施も数日も空けずに間髪入れずにやってきます

そんなに急いで実施するので、ルールは守りたいけど、そのルール自体をまだ詳しく知らない一般市民の方が困ったり、少しくらいいいだろうと勝手に判断してルールを破って逮捕されてしまう方も沢山出たようです

私なんかは特にやはり外国人ですので、余計なトラブルを防ぐ為に極力大人しく生活していました

その後、娯楽施設や、デパートなどは徐々に開放されてきて、今タイ国内は徐々に通常の生活が戻ってきています

海外からタイへ入国するには

私は先ほど言った通り、2月に日本に一時帰国してその後日本には帰れていません

本来であれば3か月に一度は日本に帰国するのですが、今の状況では帰国スケジュールを決めたとしても予定通り通りタイに戻れない可能性が非常に高いのと、クリアしなければならない問題が多い事、また、掛かる金額が大き過ぎる為です

そもそも飛行機は飛んでいる?と疑問の方もいらっしゃるとは思いますが、大丈夫です

日本→タイ、タイ→日本、便数は少ないですが、ちゃんと飛んでいます

バンコクでの隔離生活

私がタイから日本に帰国する場合、タイ出国時はもちろん、日本に着いたと同時に再度PCR検査を受け、その結果に関わらず2週間の隔離生活が必要になります

厳密に言うと、これは日本においては法の強制力がない様ですが、隔離は必須と私は考えています、皆さんも同じ考えですよね

併せて、タイに帰国した際にも同じ様に2週間の隔離生活が必要です

こちらは拒否は絶対に出来ませんので、抵抗するとガッツリ逮捕、収監されます

最近は少しずつマシにはなってきた様ですが、少し前はタイにこの外国人用の隔離用ホテルが少なくて、部屋を確保出来ない状態が続いていました

ようやく今では色々な種類のホテルが外国人隔離用ホテルとして選べるようになったみたいですが、以前として簡単に予約は出来ない状況になっています

タイ入国の為に必要な保険

私の様な日本人が、母国である日本に帰るのは比較的容易なのです

じゃあ何が難しいかと言いますと、そうです、タイへの再入国がとんでもなく難しいのです

タイ政府のスタンスは、外国人がコロナ禍の中で母国に帰るのは全く何も気にしていません、何ならそのままタイに戻って来なくてもいいよ、というスタンスです

ですが、私も含めて駐在者は必ず戻らないといけないのです

そこで1つの問題が、コロナにかかってしまった場合の治療費です

現在、タイ政府は入国の条件の一つにVISA保持はもちろん、必要な海外保険の金額も決めています

私が通常入っている海外保険は、例えば死亡で1,000万円、傷害治療・疾病治療などで500万円程度の補償となっていますが、コロナにかかった場合に適用されるかは正直調べていません

(これは個人的な事ですが、早急に調べてもしコロナに対する補償がなければ新たに保険に加入しなければならないです)

タイ政府が決めている、タイ国内に外国人が入国が出来る条件の一つはコロナ治療の上限金額が最低10万USドル以上の海外保険に入っていないと問答無用でタイへの入国は出来ませんと、いうものです

タイから日本への帰国の為の飛行機のチケット

飛行機のチケットを購入された事がある方は分かると思いますが、飛行機のチケットは基本的に往復で購入します

その往復での購入は今、絶対に出来ません

私は今まで飛行機のチケットを自分で手配する機会が極端に少なかったので、チケットを往復で買うのか片道で買うのかは気にしていなかったのですが、調べたらやはり毎回往復でチケットを購入していましたね

行ったら帰って来るのは、当然ですし、何より片道のチケットを購入しようとすると、割引が効かず、かなり高額になりってしまいます

併せて現在、日本発タイ行きの飛行機のチケットを1万人以上が待っていると言われています

今年の3月、4月にタイへの旅客機の往来が完全にストップしたので、チケットを待っている方というのは、本来人事異動でタイ赴任が終了して帰国する予定だった日本人や、逆に家族全員でのタイ駐在が決まって、先に旦那さんだけがタイに渡って駐在の準備をしていて、後からタイで合流しようとしていた奥さんと子供、などですね

本当に心が痛くなります

チケットに関してはもう、プラチナチケットとなっていて簡単には手に入りません

運良くチケットが取れたとしても、タイ国内の隔離用ホテルの予約がとれている証明が無ければ日本のタイ大使館でokが貰えなくて容赦なくタイ行き飛行機には乗れないらしいです

正規の高額な値段で、まずは日本行きの飛行機のチケットを購入し、日本で今度はタイ行きのチケットを何とか手に入れ、タイでの隔離用ホテルの予約を大使館で証明し、タイに戻って来る

私にはスムーズに出来る自信がないですし、行きと帰り含めて14日間×2回もの日数を隔離に費やすのは会社員には実際問題、不可能です

タイ・バンコクでのコロナの現状

タイ・バンコクのコロナ禍についてお話しましたが、【今、現在日本に一時帰国してタイに戻れるか?】の内容が大幅に増えてしまって申し訳ありません

もし、皆さんの希望があれば「現在、タイ国内でこの施設がどうなっているのか知りたい」「ちょっと今の状態を見て来て欲しい」などのご要望にはお答えするつもりです

しかし、タイの経済は今、誰がどう見ても壊滅状態です

主要産業がないタイは国内GDPの20%近くが観光業なのです

だけど、それが今は壊滅しているんです

バンコクの主要部、パタヤ、プーケット、どこにいつ行っても今はゴーストタウンみたいです

私は節税の為に、タイSET指数連動のETFをタイ国内で購入していて値動きを注視しているのですが全くコロナ前の状況に戻らないばかりか、最近更にまた下がってきています

タイの国民も観光業従事者が当然多いので、失業した方も多いです、街の屋台ですら激減しました、業種問わずのリストラのニュースも多いです

治安も目に見えて悪くなり、強盗や自殺などのニュースも明らかに増えています

そういったデータも公表されています

では、タイ国民は外国人、つまり旅行客の受け入れを希望しているかと思いきや・・・違うのです

タイの方はワクチンをひたすら待っています

最初になまじコロナの封じ込めに成功して、3か月以上国内感染者0が続いてしまった為に、良い意味でも悪い意味でもコロナに対するタイ国民の心の耐性ができなかったのです

「生活は苦しい、だけどコロナは絶対にタイに入って来て欲しくない、だから私達は生活が苦しくてもワクチンを待って、そこから旅行客を受け入れて欲しい」これがタイ国民の気持ちです

私の立場で言えば、日本にも一刻も早く一時帰国したいですし、タイの観光業や経済も凄く心配ですが、タイ政府としては凄く難しい【経済】【国民の気持ち】の両方の舵取りを迫られていると感じます

ではまた

※ちなみに【コロナ】はタイでは通じないです

ウチの会社の従業員は【COVID(コーヴィット)】と言っています

タイ・バンコクの【コロナ禍】-2はこちら

タイ・バンコクの【コロナ禍】-3はこちら


コメント

タイトルとURLをコピーしました