【世論調査】コロナ禍で家族に起きた変化-1【アンケート】

タイ・バンコクのコロナ

タイ・バンコクの世論調査【コロナ禍の家族について】

長い長~いコロナとの戦いが世界中で続いていますが、ここタイ・バンコクでもそれは同じです

去年の3月の大規模なロックダウンや、年末の営業規制、年始のクラスター発生からの市場封鎖など、やってもやっても辛抱しても何しても、また振り出しに戻るというなんとも苦しい生活です

新型コロナウィルスワクチンがようやくタイにも入って来ましたが、外国人である私の接種は恐らく一番後回しでしょうし、日本にも住民票がないので接種の順番がどうなるかも分かりません

そして恐れていた事ですが、アストラゼネカ製のワクチン接種後血栓が確認される事案が多くの国で多発している事から接種を中断している国なども出てきて、せっかく頑張って作ってくれた新型コロナウィルスワクチンに対する信用も薄まっているのが現状です

なんとか1ヶ月でも早く、世界中でコロナ前と同じ様に経済活動が出来る様になればいいなと、いつも考えています

(日本に早く一時帰国したいだけの気持ちではないですよ笑)

スポンサーリンク

世論調査【コロナ禍で家族に起きた変化】

以前、【コロナ禍の10の幸せ】というタイの世論調査がとても興味深かったので、ここでも紹介させて頂いたのですが、今回もある世論調査が発表されました

スポンサーリンク

家族間で【どんな問題】が新型コロナウィルスで増えましたか?

今回発表された世論調査【コロナ禍で家族に起きた変化】です

順番にご紹介します

【借金が増えた】 75.4%

一番多かった回答は75.4%【借金の増加】です

世界の国で現金給付という形で生活防衛の為のお金が配られましたが、素人ながら株式市場や暗号資産の値動きを見ている限りは、お金のある人が更にお金持ちになり、そうでない方は更に生活が苦しくなった、と言わざるを得ないと感じます

そんな中で、やはりというか何と言いますか、日本人のいわゆるタンス預金個人保有の現金額が100兆円を突破したそうです

世界から見るとかなり日本人は色々な意味で稀有な人種ですよね

タイの方々は、普段から貯金が苦手で元々借金をしている方も多いですが、このコロナ禍で借金が増えた、というのが私自身が街を歩いていたり、仕事をしている中で確実に実感出来ます

【仕事を失った】 69.9%

次に多かった回答は69.9%【失業】です

日本企業の駐在員ではコロナ後に日本への帰任が決定したり、現地採用の日本人は解雇、と言った話もよく聞きます

タイの方は自営業の方が国民の大部分とはいえ、その仕事さえも立ち行かなくなったり、工場がある日突然閉鎖され工場の前で座り込んでいる映像をタイではたまに見ます

日本でもコロナ関連で倒産した企業も沢山あります

このアンケート結果には本当に胸が苦しくなります

【うつ病・ストレス過多】 67.2%

3番目の回答は67.2%【うつ病・ストレス過多】です

このアンケート結果を見た時にちょっと寒気がしました

なぜなら私自身も2020年は気分が落ち込んでしまったり、何もしていない時に涙が出てしまったりした時があったからです

特に、街の新型コロナウィルスの新規感染者数が増えた時に、必ず

「そろそろまたロックダウンか?」

「営業規制をするべきだ」

「政府は何をしている」

と各種SNSで意見が出ますが、その時になると私の頭の中で

あの2020年3月のロックダウン時の真っ暗なデパートの地下で食料品のみを持ち帰りで買いに行った時の光景や、会社の昼食も食べる場所がどこにもなくて、一人車の中でコンビニ飯を食べていた時の光景や空気感がフラッシュバックしてきます

元々そんなにタイ語も上手ではないのでアクティブに出掛けるタイプではないですが、それでも休日は部屋に缶詰めといった状況も長く続き、終わりのない閉塞感に心が押しつぶされて涙をよく流していました

その度に

「自分よりコロナ禍で仕事を無くしたり、恋人や大切な人と会えなくて苦しんでいる方は沢山いる」

と考えて誤魔化していましたが、これはあまり良くない事だと思います

ストレスうつ病の気配を感じたら、すぐ病院に行って欲しいです

続きは次回

では、また

コメント

タイトルとURLをコピーしました