【現実】タイ・バンコクでの【月5万円生活】は本当に出来るのか?-2【事実】

タイ・バンコクのお金の話

【月5万円】でのタイ・バンコクでの生活を考察

私が子供の頃から、まことしやかに語られている

「日本はもうオワコン(終わったコンテンツ)、温暖な地域の発展途上国で安い生活費で、快適に暮らそう」

という物語が、果たして本当なのか、はたまた実際は難しいのかをここタイ・バンコクに住んでいる私が、検証していきます

前回は、まず衣食住【衣】を考えました

一ヶ月の生活費、5万円のうち、衣服費に933バーツ、3.4円計算で日本円で3,173円を使用すると仮定しましたので、一ヶ月の残りの生活費は50,000円-3,173円で46,827円になりました

今回は衣食住【食】を考えていきます

前回のタイ・バンコクでの【月5万円生活】は本当に出来るのか?-1はこちらからどうぞ

スポンサーリンク

タイ・バンコクでの衣食住の【食】

【食】に関しては、日本人でありながら、タイ現地のいわゆるタイ人が普通に毎日食べている【タイ飯】を毎日食べる事が出来るか、やっぱり日本食を毎日食べたいか、によって大きく変わります

タイ飯の場合、朝は焼き鳥豚串、それに牛乳、昼はタイお得意のぶっかけご飯、夜も同じ感じの食事にプラスしてビール2本くらい、といった感じになると思います

食事を全て日本人と同じ様にしたい場合は、朝はパンコーヒー、昼は日系チェーン店の日本食、夜も日系チェーン店の日本食、もしくは日系居酒屋などになると思います

細かい金額やメニューなどは【バンコクのランチ】に私が今まで行った各お店毎の沢山の記事がありますので、是非ご覧下さい

以前のタイ・バンコクのランチはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

【月5万円生活】で毎日タイ飯を食べた場合の金額

朝ごはんを【タイ飯】とした場合の金額

朝は焼き鳥豚串と仮定しますので、焼き鳥20バーツ豚串15バーツとします

牛乳は大きいもので、27バーツです

20+15+27=62バーツ、3.4円計算で朝ご飯日本円で211円です

昼ごはんを【タイ飯】とした場合の金額

お昼は、私が普段食べているレベルのタイ飯、カナームーコや、ガパオペッカオマンガイなどを平均すると60バーツ前後となります

以前の【タイ飯】カナームーコに関する詳しい記事はこちらかどうぞ

以前の【タイ飯】ガパオペッに関する詳しい記事はこちらかどうぞ

以前の【タイ飯】カオマンガイに関する詳しい記事はこちらかどうぞ

飲み物も入れて70バーツとします

3.4円計算でお昼ご飯日本円で238円となります

夜ごはんを【タイ飯】とした場合の金額

夜は昼と同じ感じの食事と、もう一つおかずを追加、そしてビールを2本くらい飲む、といった感じになると仮定して計算します

上記のタイ飯のランチの金額60バーツに、もう一品追加して100バーツ、後はビールを2本飲むと考えるとプラス300バーツです

60+100+300=460バーツ、3.4円計算で日本円で1,564円です

少し高いですね・・・

私の感覚では、日本で毎日夕食に1,564円もかけている方は、文句なしでお金持ちです

これはダメです笑

ビールを1本にして、150バーツに変更します

結果、460-150=310バーツ、3.4円計算で日本円で1,054円となります

タイ・バンコクでの衣食住の【食】の【タイ飯ver】まとめ

計算します

朝食・・・62バーツ

昼食・・・70バーツ

夕食・・・310バーツ

合計442バーツ、3.4円計算で日本円で1,503円

これがタイ飯だけを食べて、一日過ごす場合の食費の平均とみていいと思います

ここまでタイ飯のみを食べて一日生活する場合をザっとまとめてみましたが、いかかでしょうか?

コンセプトは【月5万円生活】ですので、当然贅沢をせず、だけどあまり【ケチだけが自慢の貧乏大学生の人生とは何ぞやを考える自分探しという名の時間の浪費】とならない様にしたいと思っています

以前、前任のタイ赴任者に「私は食事にお金をかけないケチだ」と言われた事があり、凄くショックだったのと同時に、それまでの自分の食生活を考え直すきっかけになりました

今回のタイ飯の金額は私個人が【自分は普通、一般的】と思い込んで計算した結果ですので、ご了承下さい

次回は日本食の場合を検証していきます

では、また

前回のタイ・バンコクでの【月5万円生活】は本当に出来るのか?-1はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました