【手段】タイ・バンコクで禁煙-6【メソッド】

タイ・バンコクのタバコ【禁煙】事情

【禁煙補助薬】を使ったタバコの止め方

約20年間、何をしてもタバコを止める事が出来なかった私が、タイ・バンコクに来て1回目のチャレンジで簡単にタバコを止める事が出来ました

せっかくですのでタバコを止めたくても止められない方に、私が行った禁煙方法をお伝えしています

1回目では現在の【タイ・バンコクの社会のタバコに対する考え方や喫煙状況】

2回目では【人がタバコを止めようとする理由】

3回目ではダメな【タバコを止める方法】

4回目では【タバコを止める為の考え方】

5回目では【タバコを止める為の禁煙補助薬の購入】

までお伝えしました

では、続きからお伝えします

スポンサーリンク

私が買った禁煙補助薬は【チャンピックス】

日本ならば医者の診察と処方箋が必要な薬なども、タイでは簡単に一般の薬局で手に入れる事が出来ます

簡単に言うとタイは【管理が適当】で、何事も【自己責任】で行う、という事です

【自己責任】、あまり好きな言葉ではないですが・・・

まぁ、東南アジアのほとんど国なんてそんなものでしょう

薬の認可や販売が特に厳しい日本と、タイを比べたらいけません

今の日本の状況は詳しく分からなくて申し訳ないのですが、恐らくこの【チャンピックス】も日本では普通に薬局で買う、という訳にはいかないと思いますので、一度お医者さんの禁煙外来にかかって相談されるのが良いと思います

ただ、やはりこう考えるとお金は結構掛かりますね

病院代チャンピックス代、合計で一ヶ月のタバコ代よりちょっと掛かってしまうといった感じになると思います

しかし、何度も以前の記事で【タバコを止める為の順序、考え方】を詳しくお伝えしたのはこの為です

ここで

「こんなにお金と時間が掛かるなら、禁煙なんてや~めたっ!」

と、ならないで下さいね

これは人に無理やりやらされてる訳ではないのです

あなたには、自ら求めてタバコを止める理由がちゃんとあるのですから

スポンサーリンク

禁煙補助薬【チャンピックス】の副作用など

私はタイのデパート内のドラッグストアで、このチャンピックスを買いましたので

値段は確か1,500バーツ程度、3.4円計算で日本円で5,100円ぐらいで済みました

当然、病院にも行かずに自分だけで服用を開始しました

この【チャンピックス】という錠剤は、飲み方がちゃんと決まっていますので、日本にいる方はお医者さんに聞き、それ以外の方はネットで検索するとすぐに出てきます

基本的には、朝晩一錠ずつこの薬を飲むだけですが副作用などもありますので、注意が必要です

副作用は

【眩暈(めまい)】

【眠気】

【頭痛】

【意識障害】

【不眠】

【異常な夢・悪夢】

【鬱】

などが報告されています

禁煙補助薬【チャンピックス】を服用したら、私は【副作用】でこうなった

私には相談出来るお医者さんがいないので、この上記の副作用にはかなり恐怖しました

とあるサイトでは、【自殺したくなる】とか【鬱でどうしようもなくなる】と書かれていたからです

ですので、薬を服用すると周りの仲の良い人間に宣言し、私の様子を監視していてもらい、何かあったらいつでも薬の服用を中断出来る体制を取りました

個人的には何の副作用も感じていなかったのですが、後日周りから話を聞いてみると、残念ながら明らかに様子がおかしかった様で、特に

【何もやる気がなくなる】

【怒りっぽい】

【愚痴っぽい】

【寝すぎ】

の傾向が強くなった様です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしかしてコレって、薬の副作用じゃなくて普段の私・・・の様な気もしますが泣

続きは次回

では、また

コメント

タイトルとURLをコピーしました