2021年のタイ・バンコクでの【ソンクラン(水掛け祭り)】の現状-5

タイ・バンコクの休日

2021年のソンクランの連休に【パタヤ旅行】に行けるかどうか微妙な話-5

前回は現状のタイ国内での新型コロナウィルス感染対策の為の県間移動制限などについてお伝えしました

そろそろ私の2021年ソンクラン(水掛け祭り)連休の【パタヤ旅行】の決行か否かの決断の時が迫って来ています

行きたい気持ちはもちろんありますし、かと言ってタイで皆が我慢して自粛している中で県間移動制限が出ていないとはいえ、感染リスクが高いエリアにあえて旅行に行くのが良いのかどうか・・・

タイ国内の状況は簡単にお伝えしたので、今回は私のパタヤ旅行の計画の続きをお伝えします

スポンサーリンク

私は【2021年パタヤ旅行】で絶対ここに行く-1

宿泊ホテルはヒルトンパタヤを予定しているとお伝えしましたが、自分で車を運転して行きますので、ここならパタヤのどこにもアクセスが容易ですし、一定以上のサービスを期待出来ると考えたからです

パタヤに行くのは2回目ですが、私が今回絶対に行く場所を決めました

もしパタヤ在住の方や、詳しい方がいたらオススメスポットなどを教えて頂けると嬉しいです

お馴染みの【PATTAYA】の文字、【バリハイ桟橋】

旅行パンフレットや各種メディアで一度は観た事がある、世界的に有名なこの【PATTAYA city】の文字ですが

調べたら【バリハイ桟橋】という所からの景色の様です

イメージとしては、【バリハイ桟橋】を海に向かって歩いて行きクルッと振り返るとこの景色が広がっている感じの様です

頑張っていい写真を撮ってきます!

アジアのサグラダファミリア、【サンクチュアリ オブ トゥルース】

このモニュメントも見た事がある方が多いと思います

ちょっと調べましたが、釘を一切使わない建築方法で建てられているこの寺院ですが、歴史は浅く30年程度だそうです

【アジアのサグラダファミリア】とも言われているのは、1981年着工ですが未だに建築途中だからです

本場スペインのサグラダファミリアが何故ここまで建築に時間が掛かっているのか私は知りませんが、ここはタイですので良い意味でも悪い意味でも、この【サンクチュアリ オブ トゥルース】が建築途中である理由は大きき違うと思います

タイでは大きな公共工事でも一般のどんな工事でも納期が守られる事は殆どないので笑

数ヶ月、数年単位で平気で遅れます

要ヘルメット着用ですが、まぁとりあえずココも行くべきですよね

お馴染みの景色【パタヤビューポイント】

印象的なパタヤのビーチを一望出来るのが【パタヤビューポイント】です

ちょっと小高い丘を車で登って行くと、そこには展望台絶景カフェがあるそうです

絶景カフェ、行きたいですが一人で来ている人なんて絶対いないですよね泣

2人以上ですよ、普通は(もし一人で行った事がある方がいたら、ごめんなさい)

こういう時、ボッチは圧倒的に不利です

現状、新型コロナウィルスの影響で写真の様なこんな見事な夜景を撮影するのは無理でしょうし、どうやら地元の反対を押し切って大きなコンドミニアムが撮影ポイントにドン!と出来てしまって、しかもそのコンドミニアムを建てた建設会社が倒産してしまい、景色が台無しになっている様です

それも確認して来ます

続きは次回

では、また

コメント

タイトルとURLをコピーしました