【バスケット】タイ・バンコクの年末年始-3【お歳暮】

タイ・バンコクでの年末年始

タイ・バンコクのお歳暮バスケット

以前はタイ・バンコクの街の年末年始の様子やイベントなどをお伝えしました

タイ・バンコクの年末年始の街の様子などはこちらからどうぞ

タイ・バンコクのカウントダウンや企業のパーティーについてはこちらからどうぞ

この時期になると、タイのスーパーマーケットやデパートなどには、主に企業などのお歳暮用に沢山のバスケットが並びます

先日、会社の人間と買い物に行って来ましたので、その様子をお伝えします

スポンサーリンク

セントラルプラザ・バンナーのお歳暮バスケット

一年間お世話になった取引先の会社へのお歳暮バスケットを探しに、私の家の近くのデパート、セントラルプラザ・バンナーに来ました

これがタイのお歳暮のバスケットです

この時期にだけ、立派な特設コーナーが作られて、飾られています

年末年始は、タイのどこの会社や工場も、このバスケットが事務所にズラっと並びます

セントラルプラザは、生活レベルが中級~上級の方が行くデパートですので、バスケットも高級感があって綺麗です

若いタイ人などに聞くと、こういったバスケットはタイにかなり昔からあって

「自分の親の世代が行っていた少し古い習慣だ」と言っていました

ですが、実際に私がタイに来てからも有難い事に、毎年バスケットは頂きますので、現在もタイに深く根付いていると感じます

何より、贈る側が内容を選ぶ必要があまりない、というのが一番好まれている原因ではないでしょうか

バランスよく金額なりの商品が中に入っていますので、サッと買う事ができ、あの会社にはコレ、こっちの会社にはコレ、と悩む必要がないのは大きなメリットです

かさも大きいので見栄えも悪くないです

セントラルプラザに展示してある、お歳暮バスケットの価格帯は2,000バーツ、3.4円計算で日本円で6,800円3,500バーツ、3.4円計算で日本円で11,900円程度の物が多かったです

ブース内にはパンフレットもあって、欲しいバスケットの取り寄せなども出来る様です

スポンサーリンク

【Big C】のお歳暮バスケット

私がほぼ毎日通っている【Big C】にも、もちろんバスケットはあります

これが【Big C】のバスケットです

写真ではちょっと分かりにくいかも知れませんが、見えますでしょうか?

そうです、ちょっと安っぽいのです

セントラルプラザと比べると最低金額もかなり違って、お値打ちな商品が多いです

一番注意しないといけない点は、こういった安いバスケットを買ってしまうと段ボールなどでガッツリとかさ増しして中の商品を多く見せてありますので、開封時にあまり印象が良くない点です

外から段ボールが見えちゃってる場合もあります

せっかく好意でバスケットを贈るのですから、多少金額には目をつぶって、ちゃんとした物を贈った方が喜ばれると思います

タイの【燕の巣】のお歳暮バスケット

他にも、お店でよく見るのが【燕の巣】を使った健康飲料をお歳暮として贈る商品です

この【燕の巣】は、お歳暮シーズンだけでなく、タイで一年中どこにでも売っていますので、タイにいたら一度は必ず見た事があると思います

燕の巣とは

・アワビ・フカヒレなどと同じく、中国の高級食材の一つ

・美容に良いとされ、特に女性から重宝されている

・日本の燕とは種類が違うので、日本の燕の巣は食べる事は出来ない

・燕の巣は、燕の唾液ですが汚くはなく、不純物などは加工の際に除去される

・特にタイでは偽物も多く出回っているので注意

といった特徴があり、元々は中華料理の食材ですが、タイでは庶民にとても人気があります

ですので、お歳暮として贈ると、とても喜ばれます

会社で頂いたものがあったので、試しに私も少し飲んだ事がありますが・・・

まぁ、味の好みは人それぞれですので、ノーコメントとさせて頂きます笑

様々なフレーバーがあります

バスケットが大きくて、沢山ある様に見えますが、この量で約400バーツ、3.4円計算で日本円で1,360円ですと、間違いなくタイでは高級品です


タイのお歳暮バスケットのまとめ

タイでの一般的な企業のお歳暮燕の巣の贈り物についてお伝えしました

毎年沢山のバスケットやお歳暮を頂きますが、今年はコロナの影響なのか、少ない気がします

来年はコロナを克服して、元気なタイ経済に戻れる様に祈っています

では、また

【タイ・バンコクの年末年始-1】はこちらからどうぞ

【タイ・バンコクの年末年始-2】はこちらからどうぞ


コメント

タイトルとURLをコピーしました