タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】

タイ・バンコクの漫画喫茶

【漫画・コミック】タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】でランチして来ました【週刊誌】

バンコクには日本式の漫画喫茶が数店ある様です

先日、3年以上タイに居て初めて漫画喫茶に行きましたので、その様子をお伝えします

私は漫画は昔から超大好きなのですが、家がバンコクの片田舎なので、噂レベルで都会の方には漫画喫茶があるらしいという情報は知っていましたが、まだ一度も行った事がなかったのです

私は小学校低学年から週刊少年ジャンプを読みだして、そこから今までひたすら漫画を愛してきました

辛い時も悲しい時も漫画を読んでいましたし、漫画には人生の教訓が詰まっていると本気で思っています

日本では独りの休日は必ず漫画喫茶に行っていました

日本への一時帰国でも必ず漫画喫茶に行っていました

漫画が好き過ぎて漫画喫茶でアルバイトもしました

いつかここで色々なジャンルのすすすめ漫画も紹介していきたいと思っています

スポンサーリンク

タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】の外観

バンコクのプロンポンというBTS(電車)の駅から、徒歩5分程度の場所にある【オレンジハウス】です

なぜここが気になったかと言いますと、私は以前名古屋駅の近くで働いていまして、その近くに似た様な名前の漫画喫茶があったからです

もしかしたらそのお店のチェーン店かな?と思っていました

結論、多分違いました  似た様な名前はあるものです

とにかく、久しぶりに紙の漫画が読めるのでドキドキして店内に入りました

スポンサーリンク

タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】の内装

テーブルは店内にこれだけあって、喫煙客用にテラスにも二人掛けのテーブルが4席程度ありました

入ってすぐに二階へ行く階段があったので行ってみましたが、上には何も無かったです

バンコクの都市部なのでしょうがないですし、どれほど日本の漫画喫茶の需要があるか分かりませんが、日本に比べるとちょっと少ないテーブルで寂しい店内です

タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】の漫画、雑誌

この辺りは新刊とおすすめ漫画です

ちゃんと人気作の最新刊まで揃えてくれています

週刊誌コーナーです

さすがにタイに来て私は週刊誌は読まなく(読めなく)なりましたが、ここは雑誌自体もすごく綺麗だし、種類も多いです!

日本にいる様で嬉しいです

タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】のコミックの棚

限られたスペースの中でお客さんが喜ぶコミックを置くのは、凄く難しい事だと思います

このお店は古過ぎず、新し過ぎずでちゃんと入替を行っていると思います

オーナーさんや店長さんがしっかりと新刊と旧刊の入替などを行わないと、一番大事なコミックのラインナップのバランスが崩れてくるので、それをバンコクで維持出来ているのは凄いと思います

タイ人任せでは絶対に出来ません

漫画に興味がない日本人でも出来ません

言うのは簡単ですが、継続は本当に難しいと思います

タイにある日本の飲食チェーン店でも「あーここは日本人がろくに顔出してないか、もしくは最初からいないんだな」という店は分かるものです

タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】のメニュー

メニューです

これは日本人ならテンションが上がらないはずはないメニューです

私は定食を2個頼もうかとちょっと迷ったくらいです

もう若くないのでやめておきました笑

タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】の唐揚げ定食

迷った挙句、唐揚げ定食にしました

唐揚げは、見た目と大きさはあまり良くなかったですが、柔らかくて美味しかったです

味噌汁と大根は・・・

海外の日本食あるあるですが、なんか、こう・・・出汁っていうんでしょうか

出汁を使ってなくて味が薄くて、味気ない日本食が多い気がします

見た目だけは日本そっくりで食べてみると、超薄味になってしまっていて、なぜかというと出汁を使っていないから、みたいな感じです

ちゃんと使っていたらごめんなさい

私が濃い味が好きというだけですかね・・・

こちらのお店は、学校や職場などにお弁当の配達などもやっていて、とても人気がある様です

タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】の猫ちゃん

私がお店に入る時に入口付近に猫がいたのです

頭や身体を撫でたりして、少し猫と遊んでから入店したのですが、その後店員さんが店内にこの猫を入れていて、お店の猫だと分かりました

私が遊んだのは一匹でしたが、お店で二匹飼っている様です

店内の張り紙に【噛んだり引っかいたりするので猫には触らないでください】と張り紙がしてあるのを見付けました

ごめんなさい笑

でも、運良く噛まれませんでしたし、引っかかれませんでした

良かったです

タイ・バンコクの漫画喫茶【オレンジハウス】のまとめ

私は5時間、お店にいました

お会計時に店員さんは指を折りながら計算をして、合計512バーツ3.4円計算で日本円で1,740円です、と言いましたので520バーツ渡したのですが、「はい、ちょうどです」と言ってお釣りは無かったです笑

うーん、何かちょっとよく分からないです笑

もう一つ驚いたのは、ここは従業員さんがお客さん用のテーブルで数名仕事してるんですよね

PCとかプリンタとか置いて、ガッツリ・・・

電話とか超大きな音でしょっちゅう鳴るし、大きな声で話す仕事の話が聞こえてくるんですよ

何か、こう・・・漫画に集中出来ないというか、なんと言いますか・・・

まぁ色々ありましたが、すぐに店内は日本人のお客さんで一杯になりましたし、日頃から美味しい食事と、いい接客といい漫画を揃えていないとこうはいかないはずです

今日は私に日本の紙の漫画を久しぶりに読ませて頂いてありがとうございました

また伺います

では、また

コメント

タイトルとURLをコピーしました