【モーチャナ】タイ・バンコクのコロナの本当の話-2【強制?】【2021年1月10日現在】

タイ・バンコクのコロナ

タイ・バンコクのリアルなコロナの状況

前回は、今のタイ国内の感染が多い地域に行く際には特別な許可が必要になっている現状と、私の知り合いの日本人の会社で400人の一斉PCR検査をした結果などをお伝えしました

前回のタイ・バンコクのコロナの本当の話-1の記事はこちらからどうぞ

今回はまず、タイで使用が推奨されているスマホアプリ【モーチャナ】についてからお伝えします

スポンサーリンク

タイの【モーチャナ】って何?

前回のロックダウン時もそうでしたが、今、タイ国内で推奨されているのは、【モーチャナ】【タイチャナ】と呼ばれている位置情報確認アプリです

私は、言語の問題と、何より個人情報プライバシーの保護が全くされていないアプリですのでまだ使用は見送っています

その代わりに、自分が新型コロナウィルスに感染した場合、どこの施設に出掛けていたかなどを把握して医療機関などに報告出来る様にする為に、毎日PCに出掛けた時間と場所を記録しています

ですが、数日前、とあるタイの広報官が

「モーチャナをダウンロードしていない人を罪に問う」

という趣旨の発言をしたから、さぁ大変です

瞬く間にタイの大ニュースとなり、SNSなどで一斉に拡散されました

この広報官は、数日後に謝罪し

【モーチャナ】使用を推奨する、ダウンロードしていなくても罪にはならないが、その上で感染者が自分の過去の行先や行動履歴を隠したりした場合は、罪に問う場合がある」

と訂正しました

スポンサーリンク

タイ・バンコクの現在の街の様子

私は数日前に、バンコクの都心で食事をして来ましたし、毎週都心には出掛けていますので営業規制中の現在のバンコクの都心の様子をお伝えします

バンコクの交通量

まず、車やバイクの交通量ですが、これは明らかに少なくなりました

原因は各企業のテレワークの再実施などもあるとは思いますが、一番は学校などの全ての教育施設が閉鎖された事にあると思います

閉鎖の予定は今月いっぱいですが、感染状況が改善しなければ延長措置も、充分考えられます

バンコクの娯楽施設、タイマッサージ

娯楽施設は全滅です

当然ですが、パブバーカラオケ子供が遊ぶスペースゲームセンターフィットネジム、そしてマッサージ店など、これらの施設は全て閉鎖されています

美容院やデパート、映画館などはちゃんと営業出来ていて良かったです

バンコクのレストラン、カフェ、飲食店

レストラン、カフェなどの飲食店も営業しています

ですが、アルコールの提供は禁止営業時間も21時までとなります

夜間外出禁止令も出ていませんので、食事は楽しめます

はずなのですが・・・

実は、私は先週の8日(金)にバンコクの都心で、知人数人とレストランで食事をしました

店名は言いませんが、そこではアルコールが店内で提供されており、どんな種類のお酒も飲む事が出来ました

20時前には帰路についたので、閉店時間は分かりませんでしたが、21時にちゃんと閉店するかも怪しいものだな、と思いました

皆が、ルールを守って感染の拡大を防止する為の施策です

ルールを守った人が馬鹿を見る結果にだけは、してはいけないと思います

タイ在住の日本人の感染状況

タイ国内には約6万人の日本人がいます

今回、日本人が多く集まるバンコク日系工場の多いチョンブリ多くの日本人の居住地であるシラチャーという地域などでも多くの感染報告があり、残念ながら日本人数人が感染したとの報告もありました

そして、その日本人が感染してからの行動履歴を明かしたら、その発表で更に多くの日本人が病院に殺到し検査を受けたそうです

自分もそこに遊びに行っているので、感染しているかも、と危機感を持ったのでしょう

タイでずっと国内新規感染者0が続いている時期、私は

「もしこの状況で日本人が入国して、タイにウィルスを持ち込んだら大ニュースになって、とんでもない日本人バッシングが始まる」

と恐れていました

今回はその様な事にはなりませんでしたが、ここは海外です

日本人の方々は自重して欲しいです

タイ・バンコクのリアルなコロナの状況まとめ

現在のタイ国内の新型コロナウィルスの感染状況と、街の様子などをお伝えしました

もう今となっては、あの新規感染者0の日々には戻れませんし、感染が拡大しない様に皆で頑張っていくだけです

私も油断せずにしっかり対策をしていきたいと思っています

では、また

前回のタイ・バンコクのコロナの本当の話-1の記事はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました