タイ・バンコクの新型コロナウィルスについて-2【2021年1月25日現在】

タイ・バンコクのコロナ

タイ人は新型コロナウィルスを過度に恐れる

前回は2021年1月25日現在のタイの新型コロナウィルスの状況バンコクサムットサコン県サムットプラカーン県と分けてお伝えしました

今回は日本人タイ人の新型コロナウィルスに対する考え方の違いについて、お伝えしていこうと思います

新型コロナウィルスが世界を変えて、もう1年が経とうとしていますが、アメリカや中国、ブラジル、スウェーデンなどの世界各国の新型コロナウィルスに対する対応は違う部分も多くあります

ですが、未だにどれが正解どれがダメだった、という確実な結果は出ていないのではないでしょうか?

ブラジルの大統領は大きく経済寄りの政策を行って国民の支持を得ましたし、中国は人口1,000万人以上の都市も人権無視でいきなり完全封鎖して、市民の自由を奪います

後世に、また新たなウィルスが出て来ないとも限らないので、何が有効で何が不要だったかをコロナ終息後に再び世界各国は考え伝えるべきだと思います

スポンサーリンク

日本人とタイ人の新型コロナウィルスについての考え方の違い

日本人の新型コロナウィルスについての考え方

日本は、どうでしょう?

前回、悪い意味での【コロナ慣れ】という単語も出させて貰いましたが、【コロナ慣れ】【自粛慣れ】していないでしょうか?

私自身、いつの間にか

「コロナはどこにでも存在する、気を付ければ恐ろしいものではない」

という思考になってしまっている時があります

去年、日本で新型コロナウィルスが流行し始めた時に、志村けんさん岡江久美子さんなどの著名人が亡くなって、日本全国に新型コロナウィルスの恐ろしさが広がりましたが、もうその時の様な感覚は無くなってしまっています

ですが、再度自分に言い聞かせます

世界で何十万人もが亡くなっている恐ろしいウィルス、もし自分の大切な人が感染してしまったら?

また、自分を含め、感染してしまって死亡しなかったとしても、研究の結果では新型コロナウィルス感染者の約3割に深刻な後遺症が残る可能性も証明され始めています

もう一度、自分の考え方を改めていこうと思っています

タイ人の新型コロナウィルスについての考え方

私がタイ・バンコクで暮らして、現地のタイ人と話して、接して、ニュースや施策なども把握した上で分かった事は

「タイ人は、新型コロナウィルスを100%完全に恐れている」

という事です

【100%恐れている】というのは、ちょっと曖昧な表現かも知れませんが、例えるなら

「感染したらもう最後、待っているのは死」

「あんな死のウィルスが多いヨーロッパやアメリカ、日本は恐ろしい」

と、ほとんどのタイ人が、心の底から思っているという事です

これには、タイ国内の教育に対する問題も見え隠れしていますが、観光依存のタイ経済がズタズタになっている事をタイ国民は知ってか知らずか、外国人のタイへの入国を極端に嫌っています

「私達は平気、経済? 生活なんて30年前の生活に戻って自給自足すればどうにでもなる、だからウィルスを持って入ってくるな」

これです

アンケートではタイ国民の90%近くがビジネス、観光問わず外国人の入国に反対しています

そして、そんなタイの方々の唯一の希望、首を長くして待っている救世主は【ワクチン】のみです

誰がどこでどう教えたかは知らないですが、この【ワクチン】だけは新型コロナウィルスにかからない魔法の薬だ、という強烈な考えがタイ人にはあります

私の会社のタイ人も、取引会社のタイ人も、お店のタイ人も皆、【ワクチン、ワクチン】と言っています

それでも中華系ワクチンに対する信用だけは、ちょっとだけ低い様ですが・・・

タイ人の新型コロナウィルスについての対応(【Big C(ビッグシー)】にて)

この写真はサムットプラカーン県にある、私の会社の近くの【Big C(ビッグシー)】というスーパーマーケットのお昼の様子です

以前の【Big C(ビッグシー)】に関する記事はこちらからどうぞ

タイ・バンコクのスーパーマーケットのフードコート-1とマクドナルド

ここは以前はテーブルが一杯で、もちろんお客さんも沢山いて、お昼は座れないくらいに混雑していたのです

では何故、今こうなっているかと言いますと

最近見つかった【サムットプラカーン県の新型コロナウィルス感染者の行動履歴】に、ここの【Big C(ビッグシー)】が含まれていたからです

たった一人の新型コロナウィルス感染者がこのスーパーマーケットに行った、というだけでタイ人はもうこの【Big C(ビッグシー)】には絶対に近付きません

本当にひどい有様です

タイ人の新型コロナウィルスについての対応(【Lotus(ロータス)】にて)

そして、もう一つ驚いたのが、今度は【Big C(ビッグシー)】ではなくて、【Lotus(ロータス)】という違う系列の、会社の近くのスーパーマーケットに行った時です

以前のタイ・バンコクの【Lotus(ロータス)】についての記事はこちらからどうぞ

タイ・バンコクのスーパーマーケット【Lotus(ロータス)】のフードコート-2

分かりますか?

【Lotus(ロータス)】【Big C(ビッグシー)】と同じ状況になっていました

何故でしょう?

私の会社のタイ人に、何故【Lotus(ロータス)】までこんな状況になっているか、聞いてみると

「【Lotus(ロータス)】から新型コロナウィルス感染者は出てないけど、危ないから」

との事です

私が、ちょっとバカにしながら

「じゃあ、あなた達はいつまで【Big C(ビッグシー)】と【Lotus(ロータス)】に行かないの?」

と聞いたら、タイ人は黙ってしまいました

間違った知識で【あのスーパーマーケットは危ない】とは、判断出来る様ですが、その先の事を考えない、考えられないのです

タイ人らしいです

スポンサーリンク

タイ・バンコクの新型コロナウィルスについて-2【2021年1月25日現在】のまとめ

2021年1月25日現在のタイの新型コロナウィルスの状況と、タイ人の新型コロナウィルスに対する考え方、行動などをお伝えしました

私個人の考えですが、もうここまで来たらウィルスは0にはなりません

経済と感染防止対策の両方をバランス良く行っていきながら、ワクチンで集団免疫を獲得していくしかないと思います

今日より明日、明日より明後日、日本とタイの新型コロナウィルスの感染状況が良くなる様にいつも祈っています

では、また

以前のタイ・バンコクの新型コロナウィルスに関する記事はこちらからどうぞ

【飛行機のチケットについて】日本からタイに行きたい-1【2020.12月時点の最新情報】

コメント

タイトルとURLをコピーしました